スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
帰還
ただいま
何やら広告がやかましくなってるけど
またお邪魔致します。
ここをメインブログにする。
日記
Comments*0 / Trackbacks*0
来た
以上
その他
Comments*0 / Trackbacks*0
書けますかあ
戻ってまいりました。 これまで色々な事があった 人生の一大事です。 これから不定期ですがまたこちらに寄せて頂きますので よろしくお願いします。
日記
Comments*0 / Trackbacks*0
求職中にて
現在失業中にて、あれこれと求職活動しています。
以前転職した時と違って今回かなり厳し過ぎる状況にて、
少々めげております。
今日は人材銀行へ登録を行い、また製造業系の派遣会社に登録して来ました。
Web上での人材紹介会社にも複数登録しており、その一つのプロフィールを詳細に書き直していました。
まだ実際に求職申し込みしてなくてちゅうちょしてる。
何か応募してもだめと分かっているみたいな
諦めが先行しています。
でもはじめの一歩を踏み出さないと
何も変わらないのです。
日記
Comments*0 / Trackbacks*0
構想
アフィリエイトをここに設置しようと思う。
先に別のブログでやっていたのを、こちらにも行う。
長くほったらかしていたので今さらどうかとは思うが、
今なら時間だけはある。
たとえ失敗に終わっても、
やってみたい気はする。
その他
Comments*0 / Trackbacks*0
無知
きづかないうち重大なことになっていたのを気づかなかったのはなぜだろうか。
ここへ復帰するつもりはなく
どこへ戻ると言うことも
もうない。
つまり行き場を失ったと。
しばらく多忙のせいにして
じしゅくする。
いい気になり過ぎたか。
ブログを書くと言う楽しみだけ
何とか残そうと思いながら。
案外しゃんとしてる
最近の不幸に対して
凛としてられる自分がいる。
-
Comments*0 / Trackbacks*0
弓を引く
弓道場に通うようになった。
たまにこちらに寄って、私の弓道観について、
思う所を述べてみたい。
弓は禅に通じると思う。
精神集中するんじゃなくて、無我になる事。
弓の引ける機会が与えられた事に感謝。
それとまだここが使える事も。
最後の逃げ場かも知れない。
性について
Comments*0 / Trackbacks*0
久しぶりの投稿
懐かしい。まだここも残っていたか。
確か最後のとりでみたいに思っていた。
あちらのブログで失敗した時のための予備として使うつもりだった。
今がそうなのか、そうなのかも知れない。
以前挫折を見た時ほどではないが、
多少気落ちしている。
あまり人とからまない方がいいのだろうか。
非公開は非公開のままでいればよかったのだろうか。
ここは今まで知り合いには非公開、でも細々とだが続いている。
まだこれを本番で使うには至らないかも知れないが
たまには誰ともからまない書き込みがしたくなるらしい。
今日の所はこんなとこで、
書くと少し心があったまったよう
日記
Comments*0 / Trackbacks*0
マザーテレサの言葉
あなたの中の最良のものを ーGive the world the best you haveー
人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく、人を愛しなさい
あなたが善を行うと、利己的な思いでそれをしたと思われるでしょう
気にすることなく、善を行いなさい目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい
善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい
あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく、正直であり誠実であり続けなさい
あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい
あなたの中の最良のものを、この世界に与えなさい
たとえそれが十分でなくても
気にすることなく、最良のものをこの世界に与え続けなさい
最後に振り返ると、あなたにもわかるはずです
結局は、全てあなたと内なる神との間のことで
あなたと他の人との間であったことは一度も無かったのです

マザー・テレサ
宗教・哲学
Comments*23 / Trackbacks*0
ルーミーの詩(8)
「葦笛のうた」
わたしは酔いたい 鳥のように あなたを歌いたい
耳にしたこと感じたことそのままに だれに憚ることなく

昨夜 ランプを手に家々を尋ね歩いていた偉大な教師
姿をみることのできないひと わたしが探し求めている唯一のひと
欲望を超え 空間を超え 形あるものすべての 内側にいるひと

あなたに酔いたい 鳥のように あなたを歌いたい
耳にしたこと感じたことをそのままに だれに憚ることなく

葦笛はうたっている
"あのひとに会いたい でもあのひとに会えない"
"あのひとに会えない でもあのひとに会えない"

愛は愛をうたっている
葦笛にうたわせて ひびかせて
葦笛自身の音楽を うたわせて ひびかせて

音楽家も愛を 愛の詩をうたいます
わたしは飛んでいきたい シャムスよ 水鳥のように
あなたという太陽にむかって 飛んでいきたい 水鳥のように
散文詩
Comments*0 / Trackbacks*0
1/42PAGES >>
InternetExplorer Only